補助金の採択には早めの申請が有利です!

無料オンライン個別相談受付中


事業再構築補助金の申請をサポートします



企業の思い切った事業再構築を支援


事業再構築補助金は、ポストコロナ・ウィズコロナ時代の経済社会の変化に対応するため「新分野展開や業態転換」「事業・業種転換等の取組」「事業再編又はこれらの取組を通じた規模の拡大等」を目指す、企業・団体等の思い切った事業再構築を支援するもので、1事業者につき100万~1億円を交付し、支援予算は1兆円超を予定しています。 

 

競争率が高いことが予想される中で、本気で業績を拡大したいとお考えの事業者様はぜひお早めにお問合せください。

 

事業再構築補助金HP(経済産業省)


事業再構築補助金とは


1.対象は「コロナで売上減少した中小企業等」

▶︎ 2020年10月以降の連続する6か月間のうち、任意の3か月の合計売上高が、コロナ以前(2019年又は2020年1〜3月)の同3か月の合計売上高と比較して10%以上減少している中小企業等

 

2.補助額は「通常枠は中小企業6千万円まで」

▶︎ 通常枠は中小企業6,000万円、中堅企業8,000万円。卒業枠・グローバルV字回復枠は1億円まで。

▶︎ 補助率は、中小企業は対象経費の2/3、中堅企業は1/2(*通常枠の4,000万円超は1/3)

3.緊急事態宣言特別枠

▶︎ 緊急事態宣言により深刻な影響を受け、早期の事業再構築が必要な中小企業等につ いては、「通常枠」で加点措置が行われます。更に、これらの事業者向けに「緊急事態宣言特別枠」を設け、補助率を引き上げられます。

▶︎ 国の緊急事態宣言に伴う時短営業や外出自粛による影響で、令和3年1〜6月のいずれかの月の売上高が対前年または前々年の同月比で30%以上減少している事業者(地域や業種を問わず)。

4.補助対象経費

【主要経費】

▶︎ 建物費(建物の建築・改修に要する経費)、建物撤去費、設備費、システム購入費

【関連経費】

▶︎ 外注費(製品開発に要する加工、設計等)、技術導入費(知的財産権導入に係る経費)

▶︎ 研修費(教育訓練費等)、広告宣伝費・販売促進費(広告作成、媒体掲載、展示会出展等)

▶︎ リース費、クラウドサービス費、専門家経費


補助金の採択には早めの準備が不可欠です


今回の事業再構築補助金は、予算額も大きく採択率も高くなることが予想されます。しかし、その分競争率も高くなる可能性があるため、申請書類はしっかりと作り込む必要があります。

今回の補助金の公募は複数回予定されておりますが、一般的に補助金は第1回目の公募分が一番採択率が高く、回数を重ねるごとに採択率は低くなっていきます。

そのため、早めの公募期限までに申請する方が有利ですので、早めの準備が不可欠です。まずは、お気軽に「無料オンライン個別相談」にお申込みください。


事業再構築補助金の申請サポート受付中




事業計画書の作成や補助金申請の経験が豊富なコンサルタントが丁寧にサポートいたします。補助金申請に慣れていない事業者様も安心して補助金申請が可能です。


事業再構築補助金の申請までの流れ


事業再構築補助金の申請にあたっては事業者様と弊社コンサルタントが共同で事業計画書書・申請書類を作成します。御社の現況や事業計画(構想)をお伺いしたうえで、コンサルタントが計画のブラッシュアップや事業計画書の作成をサポートいたします。

エントライズ・マネジメントでは、経営計画の作成経験が豊富な経営コンサルタントが事業計画、数値計画の作成を基礎からサポートいたします。お考えをしっかりとお伺いしながら収支計画、事業計画の作成や申請書作成をサポートさせていただきます。

 

事業計画の作成方法が解らない、準備の仕方が解らないという方も、弊社コンサルタントが解りやすくお手伝いいたしますので、ご不安なく事業再構築補助金の申請準備ができます。


事業再構築補助金に対する申請サポート料金


御社のご状況、申請内容をお伺いしたうえでお見積もりいたします。まずは、お気軽に「無料オンライン個別相談」にお申込みください。